陶楽陶苑

ホーム > 窯元について

窯元について

大正時代より作陶伊賀丸柱から京都へ

京都にて作陶を始めた初代陶楽

陶楽陶苑(とうらくとうえん)の歴史は、大正時代にはじまります。大正時代、伊賀丸柱に生まれた初代陶楽・留吉は、やがて京都へ移り住み作陶を始めました。

京三島

二代目は、京焼の中で「京三島」を確立

その初代より仁清茶陶の技法を継承した二代目陶楽・良三は、三島をルーツとした他に類を見ない繊細や文様に気品を備えた色合いが特徴の「京三島」として、京焼の中で独自に発展させ確立しました。

三代目陶楽 森川秀夫

「はんなり」を追及する、三代目陶楽

当代の三代目陶楽・秀夫は、京文化で表す「はんなり」した表現を追求する中、優美で艶やかな物を求めて繊細で緻密な技法を表現する「紫三島」「紫彩華紋」を生み出しました。

現在も、「土に華を咲かせ、心に華を咲かせる陶芸術」を作陶の心掛けとし、陶土に花の刻印を施し白い花を咲かせ、器を使っていただいた方の心に花が咲いた様な安らぎを持っていただける様、作陶に励んで居ります。

紫彩華紋

紫三島

陶楽陶苑の歴史

  • 初代陶楽 森川留吉

    • 三重県伊賀丸柱にて生まれる
    • 岡山県伊部にて作陶を学ぶ
    • 岡山県伊部にて作陶を学ぶ
    • 京 東山五条にて開窯し色絵茶陶を中心に作陶する
  • 二代目陶楽 森川良三

    • 1926年3月 五条坂にて生まれる
    • 京焼 清水焼伝統工芸士の称号を受ける
    • 京焼 清水焼展にて通産省大臣賞をうける
    • 京都府知事より優秀技能者(京の名工)の表彰を受ける
    • 労働大臣より卓越技能者(現在の名工)を受ける
    • 勲六等褒章叙勲を受ける
  • 三代目陶楽 森川秀夫 現当主

    • 1959年4月 京都にて生まれる
    • 1977年 京都市日吉が丘高校美術コース日本画卒業
    • 1981年 京都府陶工高等専門学校卒業
    • 同年、手塚玉堂に師事
    • 二代目陶楽の元で作陶を始める
    • 工学博士山本徳治氏の釉薬研究所「美泥塾」に入塾する
    • 京焼・清水焼伝統工芸士の称号を受ける
    • 1996年 三代目陶楽を襲名
    • 京焼・清水焼伝統工芸士の称号を受ける
    • 全国伝統工芸品にて日本商工会議所会頭賞を受ける
    • 日本橋高島屋をはじめ全国各地で個展を開催

このページの上部へ